[Tokyo, JAPAN]

ANCHORSONG

401167b6 9a05 4ec2 9468 2e3db659d485

Anchorsong以他獨特的表演方式在國際舞台上受到注目,巧妙的運用MPC2500取樣機和合成器現場演出,像個細心的畫家,將歌曲一層層地在觀眾面前上色,拼出充滿靈魂的節拍。

本名叫吉田雅昭的Anchorsong來自日本,在2007年移居至歐洲,年輕的他已有與Bonobo, Prefuse 73, DJ Krush, Daedelus, Jaga Jazzist同台演出的經驗,於2009年SXSW的表演更是大受好評與注目,也曾經數次登上指標級的BBC Radio 1。

在日本發行過三張成功的單曲後,2011年Anchorsong於Case Study的首張全球發行的"The Lost & Found EP",更於2011年底在Tru Thoughts Recordings下發行個人專輯"Chapters",這些作品的成功的將他帶上了SonarSound,Outlook Festival和Boiler Room等國際舞台,充滿濳力的Anchorsong是個被多方看好的新興製作人,2014三月Anchorsong被節拍大廠BBE Recordings簽了下來,並在2014八月發行最新單曲"Mawa EP"。

Anchorsong – aka Masaaki Yoshida - has become globally recognised for his unique live shows, which many people have described as "like watching a painter drawing on a white canvas", as he creates electronic music completely live using a sampler (MPC2500) and a keyboard, right in front of the audience. While he mainly performs solo, he frequently augments this setup with a string quartet, for a truly spellbinding show.

Since his relocation from Tokyo to Europe in late 2007, Anchorsong has supported the likes of Bonobo, Prefuse 73, DJ Krush, Daedelus, Jaga Jazzist and more. He has garnered an international following on YouTube, with videos of his performance.

After wowing the crowds at SXSW 2009, he found himself the subject of a new level of attention, going on to make several appearances on BBC Radio 1, with radio play from Rob Da Bank and a live Maida Vale session for Huw Stephens' In New Music We Trust show in early 2010.

Having put out three successful EPs in Japan, all of which were released as double packs containing a CD and a live DVD, Anchorsong's international debut, "The Lost & Found EP" was released on 28th March 2011 on his own label, Case Study.

In November 2011, his highly anticipated debut album, 'Chapters' was released worldwide on Tru Thoughts Recordings. It received the likes of tastemakers including Huw Stephens, John Kennedy (XFM), Oneman and Laurent Garnier. The 1st single "Plum Rain" became an instant classic and stayed in Top 40 of The Hype Machine for a week. He kept himself busy touring in 2012 including the appearance on SonarSound Tokyo'12, Outlook Festival and Boiler Room.

After having spent more than 5 years in London, he relocated to Tokyo in June 2013.

In March 2014, he signed to BBE Recordings for his new home. His debut on the label "Mawa EP" is released on 18th August. It received the likes of Gilles Peterson, Karizma, Osunlade, Craig Smith etc.

Anchorsong is absolute fire (Gilles Peterson)

MPC2500とキーボードを駆使し、オーディエンスの目の前でリアルタイムに楽曲を打ち込んでいくという独特のライブパフォーマ ンスを武器に、2004年9月より活動を開始。Youtubeにアップされたライブ動画が国内外で話題を集める。

2007年5月17日、初音源となる"The Storytelling EP"を発売。ジャンルの垣根を超えた幅広い層からの支持を集め、異例のロング セールスを記録するも、さらなる飛躍のために、同年10月に活動の場をロンドンに移す。その個性的なライブパ フォーマンスは、エレクトロニックミュージックの本場においても瞬く間に話題となり、Bonobo, Prefuse 73, DJ Krush, Daedelus, Clark, Jaga Jazzist等のサポートに抜擢される。

2009年1月、2ndミニアルバム"The Bodylanguage EP"をLastrum Music Entertainmentより発売。同年3月にはアメリカはテキサス州、オースティンにて開催された音楽フェスティバル、 SXSW (サウス・バイ・サウス・ウエスト)に、 UKベースのアーティス トとして出演。 そこでのライブパフォーマンスがBBC Radio 1にてDJを務めるHuw Stephensの目に留まり、”BBC Introducing"にて楽曲が度々紹介される。2010年1月には、故John Peelが数々の名セッションを生み出したことでも知られる歴史的スタジオ、”BBC Maida Vale”に招聘され、同番組のためにレコーディングセッションを敢行する。

2010年6月9日、3作目となる"The Lost & Found EP"を、Lastrum Music Entertainmentからリリース。翌年3月28日には自身の レーベル"Case Study"より、同作をワールドワイドにリリースし、アメリカのNYLON MagazineやThe Creators Projectに取り上 げられるなど、大きな反響を呼ぶ。

2011年7月には、UKの老舗レーベルTru Thoughtsとの契約を発表し、1st フルアルバム"Chapters"を同年11月にワールドワイド リリース。1stシングルの"Plum Rain"が世界最大級の音楽ブログランキング"The Hype Machine"のTop 40にランクインする等、世界中の耳の早いリスナーからの注目を集める。2012年にはヨーロッパ、そして日本国内でツアーを敢行。"Sonarsound Tokyo '12"や、ヨーロッパ最大のベースミュージックフェス"Outlook Festival"、"Boiler Room"に出演を果たす等、ライブアクトとしての実力を広く知らしめることとなる。

2013年6月より、活動拠点を再び東京に移す。

2014年5月、イギリスの老舗レーベルBBEとの契約を発表。8月18日には約3年ぶりとなるミニアルバム"Mawa EP"を 同レーベルよりリリースする。

© THE WALL MUSICAll Rights Reserved.